気候変動と強靭な社会の構築

生態系と自然資源は命を育みます。2012年に開催された地球サミット2012(リオ+20)で確認されたように、この2つは貧困削減と人間開発の推進に欠かせない要素です。食糧、水、エネルギー、雇用に対する人間の基本的ニーズを満たすため、生態系と自然資源を公平に共有し、長期にわたって管理する必要があります。国連開発計画(UNDP)は数十年間にわたり、持続可能な開発の3つの柱である社会的・経済的・環境的ニーズを結びつける取り組みにおいて、世界的なリーダーとしての役割を果たしてきました。UNDPの優先課題は、貧しい人々が現在および将来において、生存と開発に必要な資源が公正に利用できるようにすることです。UNDPでは、エネルギーや水の供給サービスを拡大し、エネルギー効率を高め、土地、森林、生物多様性、およびその他の資源を持続可能な方法で管理することができるよう支援しています。

活動事例

クロアチアでUNDPは、地球環境ファシリティ(GEF)の資金提供を受けて、体系的なエネルギー監視を支援し、127都市中95都市の約1万1000に及ぶ公共の建物でエネルギー効率を改善しました。続きを見る

これまでの実績

UNDPはスーダンのリバーナイル州で、収穫量を増やし、食糧の安全、保障を強化する新たな農業手法の導入などにより、村々が気候変動の影響を管理できるよう支援をしていますmore

開発ストーリー

 
 
ネパール地震被災地、UNDPと京セラの官民連携により復電

UNDPと京セラ株式会社は、可搬式太陽光発電システム5基をネパールのシンドゥパルチョーク郡に寄贈しました。この太陽光パネルは、2015年4月に発生したネパールの大地震で被害を受けた診療所や役所等、公共サービスを提供する重要な施設に対し、継続的に電力を供給します。続きを見る 

 
インドネシアにおけるパーム油生産の現状と小規模農家向け金融支援

パーム油はアブラヤシの果実から得られる植物油で、生産性が非常に高く、安価で、食料品、化粧品の原料やバイオ燃料など幅広い製品に使用されています。世界最大のパーム油生産国であるインドネシアにおいて、その年間売り上げは200億米ドルに上り、何百万人もの雇用を生み出しています。一方で、パーム油農園の拡大は森林破壊や政府、企業、住民の間で土地をめぐる紛争を引き起こしています。続きを見る 

最も激しく被災した地域の損壊した建物(コロ島)
UNDP、フィジーを襲ったサイクロン「ウィンストン」への対応状況

2016年2月20、21日に、猛烈なサイクロン「ウィンストン」がフィジー全土を直撃し、樹木の倒壊、停電、河川の氾濫などの被害をもたらしました。ウィンストンにより43人が死亡し、約35万人が被害を受けたと推定。最も激しく被害を受けた地域では建物の90%が倒壊するなど、かなりのインフラが失われました。続きを見る 

UNDP、モルディブ国立災害管理センターと新しい防災プロジェクトを開始

モルディブの国立災害管理センターとUNDPは、2015年に策定された「仙台防災枠組2015-2030」に沿った38万米ドルのプロジェクトを立ち上げました。「モルディブにおける防災と災害管理に関する国家能力強化プロジェクト」は、国の災害に対する準備や対応の能力を改善することにより、防災対策を効率化することを目的としています。 続きを見る 

UNDPの援助最前線レポート: ネパールにおける震災後の復興計画づくり
UNDPの援助最前線レポート: ネパールにおける震災後の復興計画づくり

2015年4月25日に発生した大地震(5月12日にも大きな余震が発生)により多大なる被害に見舞われたネパールでは、約9000人もの尊い命が失われました。カトマンズに着陸する飛行機の中からは、震災の被害はそこまで鮮明にはわかりませんでしたが、空からは市内のいたるところでカラフルなテントが張り巡らされているのが良く見えました。続きを見る 

インドネシアのパーム油と森林伐採に関するUNDPの取り組みについて
インドネシアのパーム油と森林伐採に関するUNDPの取り組みについて

インドネシアは近年世界一の森林伐採大国となり、その原因は木材、紙パルプ、パーム油農園と言われています。米国の独立シンクタンクが発表した最新リサーチによれば、森林伐採と泥炭地開発は世界中の気候変動の原因に1割も貢献しており、人々の生活や生物多様性を脅かす喫緊の課題です。続きを見る 

  
 
フィリピン:緊急通信の向上が台風22号の影響を抑制

フィリピンのタクロバン市では、過去の教訓がシンプルな通信システムという形で活かされています。住民と市職員は2014年12月6日にフィリピンに上陸した台風22号(国際名:ハグピート)の最悪の事態に備えていました。続きを見る 

 持続可能なエネルギー
PHOTO: Blooming News,Stephen Shaver
持続可能なエネルギー

エネルギーは、持続可能な開発と貧困削減への取り組みの中核をなすものです。エネルギーは、生活、水利用、農業生産性、健康、人口レベル、教育、ジェン ダー関連の問題をはじめ社会・経済・環境開発のあらゆる側面に影響を与えます。続きを見る 

生態系と生物多様性

UNDPは、 開発途上国および過渡期の経済がそれぞれの優先事項と必要性に沿って独自の生物多様性を管理できる能力を開発できるよう、全力を尽くしています。続きを見る 

PHOTO: F.Gerber/UNDP
水ガバナンスと海洋ガバナンス

地球の水循環を通して、この惑星の淡水と海洋は密接につながっています。地球にある水の97パーセントは海洋にあり、雨や雪として陸地に降る水のほとんどすべてを海洋が提供します。わずかな割合しかない淡水のうち、約3分の1は地下水で、利用できる地表水は0.3%しかありません。続きを見る 

UNDP Around the world

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮