UNDPと日本の多様な

パートナーシップ

UNDPと日本の多様なパートナーシップ

UNDPが世界の開発課題解決に向けて取り組むためには、各国政府、開発援助機関、民間セクター、市民社会、教育・研究機関等 との連携が欠かせません。UNDPは、1)グローバルなネットワーク 2)国連機関としての中立性 3)国連システム全体の調整機能 4)多岐に渡る活動と政策提言を合わせた包括的支援体制 5)専門性と長年の実績などを生かし、パートナーと連携して持続可能な人間開発を推進しています。日本はUNDPにとって非常に重要なパートナー国であり、開発現場でのプロジェクト実施、政策 提言、国際会議の開催など様々な協働をしています。

日本政府との連携
日本の政府開発援助(ODA)は、2国間援助だけでなく、国際機 関を通じた援助も重視しています。2015年に閣議決定した開発 協力大綱でも国際諸機関等との連携強化などを掲げています。 UNDPは日本と重点分野を広く共有し、日本政府の拠出により 平和構築や民主的ガバナンス等の分野で専門と実績を生かし た開発をしています。2011年からは日本・UNDP戦略政策対話 を定期的に開催し、共通する重点分野の開発課題について議論 をしています。UNDPは「アフリカ開発会議(TICAD)」など、日本 政府主導の様々な国際会議を共催しています。また、UNDPと国 際協力機構(JICA)は2009年に連携強化のための覚書を締結 し、定期協議を開催すると共に、連携して世界各地の開発現場 でプロジェクトを展開して成果をあげています。

民間セクター等との連携
UNDPは、開発における民間セクターとの連携も強化していま す。貧困層を生産者や消費者、労働者としてビジネスに取り込 み、商業的利益と開発利益の両立を図る「インクルーシブ・ビジ ネス」を促進しています。日本企業と共にアジア、アフリカ等にお いて安全な水へのアクセスや再生可能エネルギーの普及などを 促進してきました。また民間企業の社会的責任(CSR)活動が途上国の開発課題解決に寄与するように支援しています。さらに、 イベント、コンサルテーション等を通じ、市民社会組織との連携、 シンポジウムやUNDPの出版物等を通じた教育・研究機関との 連携にも力を入れています。

市民社会との連携
非営利団体や学生団体、有志団体などと共に、「ソーシャルグッド・サミット」や「SDGs x Youth」など、SDGs 普及のための様々なイベントを開催しています。対話を進め互いの強みを活かす形で、SDGsについて伝え、広める取り組みを進めています。

教育・研究機関との連携
UNDP 駐日事務所は国内の大学と連携しながら、授業や講演会、イベントなどを通してSDGsの推進と国際協力人材の育成を図っています。

UNDP Around the world

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮