第8回AFRI CONVERSEは2月22日開催。今回は持続可能な開発と農業がテーマです。

 

今年8月に横浜にて開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に向けた月例アフリカ対話イベント「AFRI CONVERSE」の第8回を開催します。

今回は、アフリカの持続可能な開発に取り組む上で重要な農業分野で活動するゲストをお迎えし、アフリカにおける農業や食糧安全保障の課題や展望について話し合います。

人口の8割近くが農業従事者であるアフリカでは、多くの国々で農業が国の基幹産業として成長が期待されています。一方で、人口増加が著しく2050年には世界の人口の4分の1がアフリカ大陸で占めるとも言われています。増加する人口への食料自給、雇用創出、そして気候変動への対策など、農業の発展はアフリカの成長を考える上で鍵となります。

生計向上につながりうるバリューチェーンの開拓、農業生産性の向上、ICTの活用など様々な事業を行うゲストと、アフリカの未来について一緒に考えてみませんか。


AFRI-CONVERSE #8: アフリカの持続可能な開発と農業イノベーション
  • 日 時:2月22日(金) 18:15 - 19:45 対話セッション
  •                               19:45 - 懇親会(会場内にて)
  • 場 所:国連大学ビル 1階 Annex Hall(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
  • 言 語:英語(通訳なし)
  • 参加費用:無料
  • 参加登録:こちらのリンクよりご登録願います。
  •  
登壇者
  • チャールズ・ボリコ氏:国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所 所長
  • 帆秋寛子氏:みずほ情報総研株式会社 コンサルティング事業推進部
  • 合田真氏:日本植物燃料株式会社 CEO
  • 徳成武勇氏:明和工業株式会社 海外事業部 部長
  • 菊地明里紗氏:独立行政法人国際協力機構(JICA)アフリカ部

UNDP Around the world

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮