東京大学と国連開発計画(UNDP)は11月27日(火)、包括連携協定を締結することとし、記念シンポジウム「世界を変える〜持続可能な未来を協創する東京大学と国連開発計画の挑戦〜」を同日、共催します。当イベントには五神真東京大学総長とアヒム・シュタイナーUNDP総裁が揃い、持続可能な未来の創造に向けたビジョン、そして協働の形を示します。さらに次世代を担う学生との対話を通し、今後必要な行動について議論します。

東京大学とUNDPはどちらもその使命を果たす上で、持続可能な開発目標(SDGs)を行動指標に据えています。東京大学は「世界の公共性に奉仕する大学」としての使命を踏まえ、「未来社会協創推進本部」を設置し、地球と人類社会の未来への貢献に向けた協創を推進しています。UNDPは世界170の国・地域で活動する国連の主要な開発支援機関として、SDGsの策定に大きな役割を果たし、現在もSDGsの認知向上や、各国の開発目標の達成を支援しています。

今回のシンポジウムでは、国連機関と学術界の連携を通し、いかに地球と人類にとって明るい未来を築けるか、またその可能性を模索します。

  • 日時:2018年11月27日(火)9:30-11:00
  • 場所:東京大学 山上会館 大会議室
  • 募集人数:100名 ※参加費無料・先着順
  • 言語:英語
  • 参加登録:参加ご希望の方はこちらからご登録ください。

プログラム

9:00 - 9:30 開場
9:30 - 9:45 UNDP紹介ビデオ上映
9:45 – 9:55 五神真 東京大学総長講演
9:55 – 10:05 アヒム・シュタイナー UNDP総裁講演
10:05 – 11:00 学生との対話
ファシリテーター:沖大幹 東京大学サステイナビリティ学連携研究機構 教授/国際連合大学上級副学長

UNDP 各国事務所(英語)

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮