English

Youth Co:Lab(ユース・コーラボ)について

Youth Co:Lab は2017年、国連開発計画とシティ・ファウンデーションが、若者によるイノベーションと起業を支援するため、アジア太平洋地域で立ち上げたプログラムで、現在、域内25の国と地域で展開されています。持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals, 略称SDGs)実現に向け、若者がリーダーシップを発揮し、社会にイノベーションを起こせるよう、起業家エコシステムの醸成や社会的事業の立ち上げ、および事業拡大支援などの活動を行っています。

Youth Co:Labジャパン2019について

Youth Co:Lab 日本初のイベントとして、2019年10月12日(土)、UNハウス(東京・渋谷区)で「Youth Co:Labジャパン2019」を開催します。

ダイアローグ

午前の部のシンポジウム「Youth Co:Lab日本ダイアローグ」では、政策決定者、インキュベーターなどの民間団体、若い経営者が率いる団体、NGO、研究者などが、若い世代がいかに社会・環境課題解決に向けて取り組む若手起業家を生み育てていくか対話します。

ソーシャル・イノベーション・チャレンジ

午後の部「ソーシャル・イノベーション・チャレンジ日本大会2019」では、審査員と会場の参加者を前に、書類選考を通過したファイナリストたちが、SDGs達成に役立つビジネスプランやアイディアをコンテスト形式でピッチします。日本大会の受賞者は、来年1月から行われるアクセラレーター・プログラムや2020年春にマレーシアで開催予定のYouth Co:Labアジア太平洋サミットに招待されます。ここから日本を代表する社会起業家が生まれるかもしれません。

「ソーシャル・イノベーション・チャレンジ」への応募はこちらより


日時2019年10月12日(土)10:00~17:00 <延期
場所 | 国連大学本部 UNハウス 3F ウ・タント国際会議場
共催 | 国連開発計画(UNDP)、シティ・ファウンデーション
協力 | 特定非営利活動法人エティック
言語 | 日本語・英語 (同時通訳あり)
定員 | 300名
申込 | こちらより要事前申し込み (どなたでも参加できます)
参加費 | 無料


プログラム

午前の部:Youth Co:Lab 日本ダイアローグ

10:00- 開会のあいさつ | リー・ウェイト(シティグループ 日本代表)

10:10- 基調講演「社会イノベーションを起こすということ」 | 中村俊裕(米国NPO法人コペルニク 共同創設者兼CEO)

10:30- パネル1:若者による社会イノベーションと起業を支える仕組みづくり
若者による社会イノベーションと起業を促進するために必要な仕組み・エコシステムとは? スタートアップがSDGs達成のために担う役割

モデレーター:鈴木敦子(ETIC.事務局長)
スピーカー:

  • 各務茂夫(東京大学教授 産学協創推進本部 イノベーション推進部長)
  • 迫田章平 (経済産業省 経済産業政策局 産業創造課 課長補佐)
  • 鈴木絵里子(フレスコ・キャピタル   ゼネラル・パートナー)
  • ベニアム・ゲブレジ(UNDP市民社会と若者プログラム・スペシャリスト)

11:30- パネル2:ユースの力~日本で育む若者の起業家精神
若手社会起業家にとっての機会と課題とは?若者の起業家精神や社会起業家を育てていくために必要なこととは?

モデレーター:鈴木雅剛((株)ボーダレス・ジャパン副社長)
スピーカー:

  • 三輪開人(e-Education代表理事)
  • 矢島里佳((株)和える 代表取締役)
  • 中邑賢龍(異才発掘プロジェクトROCKET  ディレクター/東京大学先端科学技術研究センター教授)

午後の部:「ソーシャル・イノベーション・チャレンジ日本大会2019

14:00-「ソーシャル・イノベーション・チャレンジ日本大会2019」ファイナルピッチコンテスト
第一次選考を通過したチームが審査員及び参加者の前でビジネスプランやアイディアをピッチ。審査員による質疑応答。

ファイナリスト・プロジェクトタイトル:

  • 定額制食料配達サービス「残り物を、あなたの毎日のご馳走に。」
  • 国と国を繋ぎ和服を日常のファッションに
  • 日本初の無料給水アプリ「MyMizu」
  • 世界に広げたいコーヒーかすの二次利用方法
  • 女性農家が中山間地域で持続可能な挑戦ができる未来を
  • 交わらなかった人生をCo-Livingという形でつなぐ
  • Live1st - あなたが頼れるコミュニティ医療人材
  • Bio Fishing Items
  • カロリーカットが出来るお皿カロリカを使った脂質意識の啓発

審査員:

  • 鈴木敦子(NPO 法人 ETIC.理事・事務局長)
  • 日高久美子(WeWork Japan 副社長 広報・渉外統括)
  • 高槻大輔(ソーシャル・インベスト・パートナーズ 代表理事)
  • ジェームズ・マッカーティー (Zehitomo 共同設立者/COO)
  • 渡邊 有美子 (シティバンク、エヌ・エイ東京支店 公共法人営業本部 本部長)
  • ベニガム・ゲブレジ(UNDP バンコク地域事務所 ユース・市民社会担当プログラム・スペシャリスト)

16:15 - 「ソーシャル・イノベーション・チャレンジ日本大会2019」受賞者発表

16:45 - 閉会の挨拶 | 近藤哲生(国連開発計画(UNDP)駐日代表)


特別なサポートが必要な方:「ソーシャル・イノベーション・チャレンジ日本大会2019」参加にあたり、車椅子などお手伝いが必要な方は、event.japan@undp.orgまでご連絡ください。

UNDP Around the world

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮