アフリカ開発会議(TICAD)は、「アフリカのオーナーシップ」と「国際社会のパートナーシップ」の原則に基づき、アフリカにおける革新的かつ持続可能で公平な開発の道筋を探る多国間プラットフォームです。アフリカの開発課題に対して創造的かつ効果的な解決策を模索するアフリカ諸国・機関を支援する実績ある枠組みとして実施してきました。TICADは、アフリカ政府、地域機関、その他数多くの開発パートナーが、持続可能な開発目標(SDGs)およびアジェンダ2063の達成に向けた共同戦略を模索するための信頼のおけるプラットフォームを提供してきました。

1993年のTICAD Ⅰ以後、TICAD共催者及びパートナーはアフリカ開発の時流に適した課題を議論してきました。TICADの議題はアフリカ開発の背景や進展により見合ったものとなるよう、進化してきました。日本政府、国連アフリカ特別顧問事務所(UNOSAA)、国連開発計画(UNDP)、世界銀行、アフリカ連合委員会(AUC)の5共催者は、四半世紀以上にわたり、アフリカの首脳、地域機関、開発パートナー、学界、市民社会、民間セクターと協力しながら開発課題を特定し、優先順位を付け、効果的な協力を模索してきました。

新型コロナウイルスによる甚大な影響からの「より良い回復」に向けて世界が奮闘する中、TICAD8を本年8月27-28日に開催します。アフリカの既存の開発課題は、コロナ禍によって悪化、緊急性を増しており、それらに対処するため、協力を深化させる必要があります。アフリカ全域で、新型コロナウイルスの感染拡大は経済に甚大な影響を及ぼし、これまで得てきた開発の利益を押し戻し、不平等を悪化させ、社会の脆弱性を高めています。また、コロナからの復興の機会は、より強く、公平で、持続可能な国や社会を構築する好機にもなります。アフリカ諸国が、新型コロナが与える経済・社会の影響から、「より良い回復」を目指す中、包括的で持続可能かつ強靭な成長に向けた道筋を議論するプラットフォームとしてのTICADの価値は、これまで以上に高まっています。

TICAD 8に向け、閣僚会合を本年3月26-27日に開催します。新型コロナウイルス蔓延の状況を踏まえ、今回の閣僚会合は初めてのテレビ会議方式での開催となります。オンライン上での円滑かつ効率的な議論を行うため、アフリカ諸国と日本の民間セクターの代表者及びTICAD共催者に限定された会合となります。このような背景から、TICADパートナーに対して閣僚会合の成果を共有すべく、閣僚会合のサイドイベントとして、本マルチセクター・ダイアログが開催される予定です。

2022年3月26-27日のTICAD閣僚会合のコンセプトに沿って、本ダイアログでポスト・コロナを見据え、以下の3分野に焦点を当て、新たな優先課題について議論します。

テーマ1:経済的不平等を是正した持続可能で包括的な成長の達成
テーマ2:人間の安全保障を基盤とした持続可能で強靭な社会の実現
テーマ3:アフリカ自身の取組による持続可能な平和と安定の構築


共催者: 外務省、UNDP

日時: 2022年4月5日(火)17:00-19:30 (日本)

形式: オンライン (ZOOM)

参加者: 1)国連システムおよび国際機関、2)アフリカ地域機関、3)地域経済共同体、4)アフリカおよび日本の市民社会、5)アフリカおよび日本の民間セクター

言語: 英語、フランス語、日本語、アラビア語、ポルトガル語(同時通訳)

参加登録: 以下リンクより事前の参加登録(視聴者として)をお願いいたします。 https://undp.zoom.us/webinar/register/WN_auDZSDtiRu-4O-NkRSuzdg


プログラム(予定): 

 時間

アジェンダ

登壇者

17:00 – 17:05

開会

モデレーター

17:05 – 17:10

閣僚会合の結果について

米谷 光司氏
外務省アフリカ部長(大使)、第8回アフリカ開発会議事務局長

17:10 – 17:50

テーマ1:経済的不平等を是正した持続可能で包括的な成長の達成

1)主要な課題等に関するアンケート調査の回答まとめ(5分)

2)質疑応答、マルチセクター参加者からのコメント(35分)

モデレーター

 

17:50 – 18:30

テーマ2:人間の安全保障を基盤とした持続可能で強靭な社会の実現

1)主要な課題等に関するアンケート調査の回答まとめ(5分)

2)質疑応答、マルチセクター参加者からのコメント(35分)

モデレーター

18:30 – 19:10

テーマ3:アフリカ自身の取組による持続可能な平和と安定の構築

1)主要な課題等に関するアンケート調査の回答まとめ(5分)

2)質疑応答、マルチセクター参加者からのコメント(35分)

モデレーター

19:10 – 19:15

市民社会による考察

市民社会組織

19:15- 19:20

民間セクターによる考察

原 一郎氏(一社)日本経済団体連合会 常務理事

19:20- 19:30

閉会

モデレーター

モデレーター:
池亀 美枝子 UNDP TICAD戦略的エンゲージメント国際専門家

 

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮