Japan

ニュースセンター

最新のプレスリリース


気候変動に関する世界最大の世論調査: 大半の回答者が広範な対策を要望

オックスフォード大がデータ処理を行ったUNDPの「みんなの気候投票」の結果は、世界人口の過半数の意見を反映。コロナ禍にもかかわらず、回答者の64%は気候変動をグローバルな緊急事態と認識  


UNDP、壊れた社会により人と地球が衝突コースをたどっていると警告

新たな報告書は、各国の二酸化炭素排出量とマテリアルフットプリントを勘案した人間の進歩に関する新たな試験的指数を提示し、今後も同じような危機が訪れると警告しています。  



国連開発計画とシティ・ファウンデーション 社会変革を目指す若者向け起業支援活動「Youth Co:Lab」を開催

UNDPとシティ・ファウンデーションは、「Youth Co:Lab(ユース・コーラボ)」を開催しました  


テゲネワーク・ゲトゥ元UNDP副総裁・アフリカ局長が令和2年秋の外国人受勲を受賞

日本政府は令和2年秋の外国人叙勲受章者を発表し、テゲネワーク・ゲトゥ元UNDP副総裁への叙勲が公表されました。  


UNDP、プライベート・エクイティファンド向けの新指針を発表

新たに発表された「プライベート・エクイティ(PE)ファンドのためのSDGインパクト基準」は、PEファンド、ベンチャー・キャピタル、その他の民間ファンドが投資を通じ、社会的および環境的に大きなインパクトを及ぼせるよう、明確なシステムと共通言語の概要を定めています。  


カルティエ、地球規模の自然危機に取り組む「ライオンズシェア基金」に加盟

カルティエ社が、世界の自然や生物多様性、気候などの危機に取り組む「ライオンズシェア基金」に加盟しました。  


コロナウイルスによる死者数、全世界で100万人に

死者の増大が続く中、コロナウイルスのパンデミックは衰えを見せず、経済への影響によって数十年分の人間開発の前進が引き続き脅威に  


国連(UNDP)、ゲームを使って気候変動対策に関する 世界最大の世論調査を開始

意欲的な気候変動対策に向けて人々と政府との意識の隔たりを埋めることを目的とした無料のオンラインゲーム「ミッション1.5」の日本語版が公開されました。  


UNDP、ベイルートでの爆発事故を受け、レバノンの包摂的な復興を支援

ベイルート、2020年8月14日 – ベイルート港で発生した大爆発事故を受け、UNDPは生活と中小企業の復興、がれきの処理、被災した社会的弱者層の司法アクセスを優先した取り組みを実施します。  

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮