Japan

ニュースセンター

最新のプレスリリース


日本政府とUNDPの協力によりインド北東部における医療用酸素供給を強化

深刻なコロナ禍にあるインドで、命に係る医療用酸素プラントの建設を進めています。  


ミャンマー:コロナ禍と政治的危機により人口の半数が来年までに貧困に陥る恐れとUNDPが報告

この状況が続けば新たに最大1200万人が貧困に陥り、来年初めまでにはミャンマー人口の半数近くにあたる2500万人もが貧困線以下の暮らしを余儀なくされると警告しています。  


UNDP、コロナ禍対策として世界の最貧層女性に対する臨時ベーシックインカムの支給を要請

世界の開発途上国で暮らす数億人の女性を対象に臨時ベーシックインカム(TBI)を支給すれば、COVID-19パンデミックによる貧困の蔓延とジェンダーの不平等拡大を防げる可能性があります。  


SDGグローバル・フェスティバル・オブ・アクションfrom JAPAN - 世界を変えよう 人と地球のために -

SDGs達成に向けたアクションを応援する祭典、「SDGグローバル・フェスティバル・オブ・アクション from JAPAN」をオンライン開催します!  


日本政府、カメルーン南西州の人々に支援を提供

日本政府とUNDP(国連開発計画)との間の「南西州における保健センター及び給水所の改修を通じた復興計画」の署名式が開催されました。  


気候変動に関する世界最大の世論調査: 大半の回答者が広範な対策を要望

オックスフォード大がデータ処理を行ったUNDPの「みんなの気候投票」の結果は、世界人口の過半数の意見を反映。コロナ禍にもかかわらず、回答者の64%は気候変動をグローバルな緊急事態と認識  


UNDP、壊れた社会により人と地球が衝突コースをたどっていると警告

新たな報告書は、各国の二酸化炭素排出量とマテリアルフットプリントを勘案した人間の進歩に関する新たな試験的指数を提示し、今後も同じような危機が訪れると警告しています。  



国連開発計画とシティ・ファウンデーション 社会変革を目指す若者向け起業支援活動「Youth Co:Lab」を開催

UNDPとシティ・ファウンデーションは、「Youth Co:Lab(ユース・コーラボ)」を開催しました  


テゲネワーク・ゲトゥ元UNDP副総裁・アフリカ局長が令和2年秋の外国人受勲を受賞

日本政府は令和2年秋の外国人叙勲受章者を発表し、テゲネワーク・ゲトゥ元UNDP副総裁への叙勲が公表されました。  

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮