第11回「貧困との闘い(Match Against Poverty)」をスイスにて開催-UNDP親善大使のロナウドとジダンが主導-

2013/12/19

動画キャプション:「貧困との闘い」は3月4日にスイスのスタッド・ドゥ・スイスにて開催。収益はフィリピンの台風被災地の復興支援へ。

「貧困との闘い」は3月4日にスイスのスタッド・ドゥ・スイスにて開催。収益はフィリピンの台風被災地の復興支援へ。

【2013年12月19日、ジュネーブ】
サッカー界の伝説的存在であり、国連開発計画(UNDP)の親善大使を務めるロナウド氏とジネディーヌ・ジダン氏は、第11回「貧困との闘い(Match Against Poverty)」をスイス・ベルンにあるスタッド・ドゥ・スイス国立競技場で201434日に開催される旨、本日発表しました。試合の収益は、史上最大規模の台風30号(ハイエン)によって被害を受けたフィリピンの復興支援等に使われます。

ロナウド氏とジダン氏は世界的に有名なサッカー選手たちを動員し、ベルン拠点のプロサッカーチーム・BSCヤングボーイズと親善試合を行います。

ジダン氏は「ベルンで11回目となる『貧困との闘い』を通じて、支援を必要としているフィリピンの人々への関心を高め、収益を上げることを望みます。台風ハイエンの被災者支援への協力を通じ、私たち全員が『貧困との闘い』の勝者になれるのです」と話しました。

サッカー界の伝説的存在であるロナウド選手とジダン選手は、2003年に『貧困との闘い』が開始されて以降、中心的役割を果たしています。

2014
年のFIFAワールドカップ組織委員会 の主要メンバーでもあるロナウド氏は「昨年、ブラジルにて『貧困との闘い』の記念すべき第10回大会を行いました。その成功をいまでも誇りに思っています。BSCヤングボーイズのようなチームがこのイベントのホストを引き受けてくれ、光栄です。私たちはフィリピンの状況を心配しており、今年は試合を通して資金を集め、復興を支援したいのです」と語りました。

試合収益の3分の2はフィリピンの復興支援に使われます。フィリピンでは、台風ハイエンによって5000人以上が命を落とし、100万人が住む場所を失い、推定で1180万人が被害を受けました。地域経済を活性化するために、UNDPは既に雇用創出・現金報酬プロジェクトを開始し、(現地の人々を雇用して)タクロバン市の瓦礫撤去を進めています。台風によって自宅や家業や仕事を失った人々の支援を今後も継続して行います。

UNDP
のヘレン・クラーク総裁は「第11回『貧困との闘い』の収益で、フィリピンの人々の生活再建を支援し、復興を軌道に乗せることを我々は目指しています。また、フィリピンが惨事からの復興に取り組む中、UNDPはフィリピンが将来の災害等に備えて国家の強靭性を高められるような支援も行っています」と語りました。

収益の残り3分の1は、BSCヤングボーイズがチームのパートナーである慈善団体・スイス ローレウス財団へ寄付する予定です。同財団は、国家レベルのスポーツ関連プロジェクトに資金援助および実務的支援を行っています。また、同財団は、34か国で140のプロジェクトを支援する「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団(Laureus Sport For Good Foundation)」の一部でもあります。

スタッド・ドゥ・スイスのハンスペーター・キーンバーガー会長は「BSCヤングボーイズとベルンの人々は、この重要な試合を主催し、参画できることを光栄に思っています。私たちは困難な状況下にある人々のためにも試合の成功に向けて最善を尽くします」と述べています。

『貧困との闘い』は2003年に第1回大会がスイスのバーゼルで開催され、今回、再びスイスで開催される運びとなりました。この間、マドリード、デュッセルドルフ、マルセイ ユ、マラガ、フェズ、リスボン、アテネ、ハンブルク、ポルトアレグレでも開催され、試合ごとに、厳しい状況にある国々の各プロジェクトを支援してきまし た。

UNDP
の 親善大使には、ロナウド氏とジダン氏のほかに現役サッカー選手のディディエ・ドログバ氏やイケル・カシージャス氏、マルタ・ビエイラ・ダ・シルバ氏、ノル ウェー王国ホーコン・マグヌス王太子、女優の紺野美沙子氏、ロシアのテニスプレイヤーのマリア・シャラポワ氏、スペイン出身の俳優であるアントニオ・バン デラス氏がいます。

世界中でテレビ放映されるこの試合は、サッカーの運営組織である国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)からも支援を受けています。第11回「貧困との闘い」は201434日にスイス・ベルンで20時(現地時間)にキック・オフ(開始)。チケットの価格は2060スイスフランで、こちらのウェブサイトもしくはこちらから購入いただけます。

 

UNDP Around the world

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮