Japan

ニュースセンター

2018 press releases


UNDPと経団連のSDGs推進に関する覚書の締結について

UNDPと経団連のSDGs推進に関する覚書を締結しました。  


UNDP総裁、持続可能な開発目標(SDGs)達成に向け日本の産官学と連携強化

UNDPのアヒム・シュタイナー総裁は11月26日から2日間の日程で訪日し、日本政府高官、企業幹部、および学術界の要人と、持続可能な開発に向けた共創について協議しました。  


身体的・性的暴力を経験、世界の女性の1/3以上 暴力の根本原因に取り組む長期的努力が必要

「女性に対する暴力撤廃の国際デー」に向けて、ユニセフ(国連児童基金)事務局長ヘンリエッタ・フォア、UNDP総裁アヒム・シュタイナー、UN Women(国連女性機関)事務局長プムズィレ・ムランボ=ヌクカ、国連人口基金(UNFPA)事務局長ナタリア・カネムは以下の共同声明を発表しました。  


中央アフリカ共和国で過激主義防止の国家戦略発表

2018年7月23日に中央アフリカ共和国の首都、バンギにおいて、「暴力的過激主義防止のための国家戦略」の発表セレモニーが行われました。  


世界の貧困層の半数は子ども

「多次元貧困指数」(2018年)は、全世界で13億人が日常生活において経験する貧困の実態を最も包括的に示す  


第一回「暴力的過激主義に関する調査分析の現状把握」会合の開催

中央アジア地域でのテロの脅威につながる暴力的過激主義の防止に関する研究をテーマにした地域対話が9月13日に開催されました。  


福祉面の大きな格差で、持続的な人間開発の前進に暗い影

最新の人間開発指数によると、人間開発の水準が非常に高い国々に住む人々は、人間開発の水準が低い国々で暮らす人々よりも寿命が19年、就学年数が7年長くなっています。  


UNDP、日本の通常資金拠出増額を歓迎

ニューヨーク、9月10日-日本政府より国連開発計画(UNDP)に対し、2018年度通常資金として71億6千万円に上る拠出があり、UNDPはこれを歓迎しました。  


キルギス政府の緊急事態における対応能力の強化を支援

キルギス共和国非常事態省は、国連開発計画(UNDP)及び日本政府の支援(79万3184米ドル相当)により、全国22ヵ所にある火災救助隊に特装車両を配置し、より迅速で効率的に緊急事態に対応できるようになりました。  


UNDP危機対応局長に岡井朝子が就任

8月22日、岡井朝子がUNDP総裁補 兼 危機対応局の局長として正式に着任しました。新局長としてUNDPの危機関連の活動全般を率いると同時に、危機の予防や対応、復旧にむけたUNDPのビジョンと優先事項を推進していきます。  

UNDP Around the world

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮