国連開発計画(UNDP)は、公益社団法人経済同友会と、アフリカにおける持続可能な開発目標(SDGs)の達成を目的に、日本企業の更なる成長を支援するための体制を構築すべく、業務協力覚書を2019年8月30日に締結しました。

国際機関であるUNDPは、アフリカ53カ国に事務所を設けており、現地政府・民間団体・経済界との幅広いネットワークを有し、これまで、貧困削減、ジェンダー平等と女性のエンパワーメント、民主的なガバナンスの構築、法規制の強化など多岐に亘る活動を通じてSDGsの達成に向け取り組んできました。そしてTICADVを転機に、「援助から貿易・投資へ」と方向転換する中、UNDPは日本企業によるビジネスを通じたアフリカへの貢献に前向きな姿勢を示してきました。

経済同友会は1946年の設立以来、日本が直面する国内外の課題解決に向けて、政策提言や企業・経営者による実践を行っています。また、経済同友会は、アフリカを日本にとって重要な経済的パートナーと捉え、国際機関やアフリカの関係者とも密に連携しながら、より多くの日本企業がアフリカに進出し、その開発と成長にコミットする必要があると一貫して提案し、そうした動きを支援してきました。

このたび、第7回アフリカ開発会議(TICAD7)を契機に、この両機関のアフリカに関する蓄積やネットワークを繋ぎ合わせ、日本企業のビジネスモデルやサービス・技術を、アフリカの課題解決とSDGsの実現に役立てるため連携します。

【連携により期待される効果】

  1. アフリカにおいて持続可能な開発・発展のための付加価値を提供する日本企業層を拡大する。
  2. 日本企業の付加価値を活かしたアフリカにおけるSDGsに資する貢献を国内外に発信する。

【業務協力覚書の主な内容】

  1. UNDPが有するアフリカの現地課題・ビジネス機会に関する情報とネットワークを、経済同友会のプラットフォームを通じて国内のビジネス関係者に提供する。
  2. 経済同友会のネットワークを通じて、日本のビジネス・リーダーへのアクセスをUNDPに提供する。
  3. アドボカシー・コミュニケーション活動の共同実施

お問い合わせ先:
UNDP駐日代表事務所 TEL:03-5467-4751

UNDP 各国事務所(英語)

You are at UNDP 東京 代表事務所
Go to UNDPグローバル

アゼルバイジャン アフガニスタン アラブ首長国連邦 アルジェリア アルゼンチン アルバニア アルメニア アンゴラ

イエメン イラク イラン インド インドネシア

ウガンダ ウクライナ ウズベキスタン ウルグアイ

エクアドル エジプト・アラブ エスワティニ エチオピア エリトリア エルサルバドル

カーボべルデ

ガイアナ

カザフスタン

ガボン

カメルーン

ガンビア

カンボジア

ガーナ

ギニア ギニアビサウ

キプロス キューバ キルギス

グアテマラ

クウェート クロアチア

ケニア

コートジボワール コスタリカ コソボ コモロ コロンビア コンゴ共和国 コンゴ民主共和国

サウジアラビア サモア(マルチ・カントリー・オフィス) サントメ・プリンシペ

ザンビア

シエラレオネ

ジブチ ジャマイカ ジョージア

シリア

ジンバブエ

スーダン スリナム スリランカ

セネガル セルビア

ソマリア

タイ タジキスタン タンザニア

チャド チュニジア チリ

ティモール

トーゴ

ドミニカ

トリニダード・トバゴ トルクメニスタン トルコ

ナイジェリア ナミビア

ニカラグア ニジェール

ネパール

ハイチ

パキスタン パナマ パプアニューギニア パラグアイ

バルバドス

パレスチナ人支援プログラム

バングラデシュ バーレーン

フィリピン

ブラジル ブルキナファソ ブルンジ ブータン

ベトナム ベナン ベネズエラ ベラルーシ ベリーズ

ペルー

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ボツワナ ボリビア

ホンジュラス

マダガスカル マラウイ マリ マレーシア

ミャンマー

メキシコ

モーリシャス & セーシェル モーリタニア モザンビーク モルディブ モルドバ モロッコ モンゴル モンテネグロ

ヨルダン

ラオス

リビア リベリア

ルワンダ

レソト レバノン

ロシア

赤道ギニア

太平洋地域事務所

中央アフリカ 中国

南アフリカ 南スーダン

北マケドニア 北朝鮮